毛玉がすごい!毛玉取り機で簡単に除去しよう。人気のクリーナーは?


だんだんと寒い日が増えてきましたね。

秋になり、やがて冬になってくると
温かい食事を食べて大切な人と
暖かい場所で心温まる時間を過ごしたいですよね。

でも外は寒い(><)   服装も暖かい格好にしなきゃですね。 マフラーにコートに、セーターを着て(*^^*)   でも! いますよね。 やつらが・・・ そう、毛玉!!

何回か着こなしていたり毎年のようにきているものだったら特に付きやすくなっています。

家族と出かける時や友達と遊ぶとき
好きな人とのデート
もちろん1人で出かけるときも

毛玉だらけだと、ちょっとカッコ悪いですよね・・・。

私もふと気になると毛玉を手でボツボツと取ったりすることもあるのですが
なかなか手早く綺麗には取れないんですよね。

街を歩いていて、いろんな人の格好をたまに見ていて思います。

あの人は毛玉どうしてるんだろう?
毛玉ができないのかな?
なんて。

もちろん、毛玉が付かない素材もあり
毛玉になりやすい素材もありますよね。

毛玉と言えばセーターとかニット帽とか。

ニット素材のものに毛玉はよくみますね。

では、どうすれば毛玉が簡単に取れるのかみていきましょう!

スポンサーリンク

毛玉取り機で簡単に除去がおすすめ!

毛玉を簡単に取るならこれ!

毛玉取り機!!

なんて、単純なネーミングでしょう・・・(笑)

でも分かりやすくていいですよね。

毛玉取り機を使うと本当に簡単に毛玉除去ができるんです。

使ったことはありますか?

この毛玉取り機、
サイズは手のひらでおさまる程度です。

電動式のものが一般的で仕組みとしては
男性が使う電動式のヒゲ剃りをイメージしてもらうといいかもしれません。

毛玉取りと洋服が接する面にはカバーのような穴があいたものが付いていて
その穴に入ってきた毛玉を中にあるカッターが回転して毛玉を刈り取る。
というのが簡単な仕組みになっています。

値段も100円均一から3000円くらいのものまであるんです。

また、タイプについても電池を入れて使うタイプとコード式の電動タイプとあります。

電池式だとサイズも大きくないので携帯できるという点がいいですよね。

一方でコード式であれば家で電池の残量を気にせずに使用できることがメリットですね。

毛玉取りで人気の毛玉クリーナーは?

では、実際に毛玉取り機で人気のクリーナーはどういったものがあるのでしょうか。
早速ご紹介していきますね。

ADVANCE 電動毛玉取り機 PR-01

まずはこちら国内メーカーである
ADVANCEさんが出している毛玉クリーナー

これはコンセント式で安定したパワーが魅力であること。
そして、音が静かな点。

さらに、大きなカッターでしっかりと毛玉がとれる点が好まれている理由です。

TESCOM 毛玉クリーナーKD778-H

お次は
TESCOMさんの毛玉クリーナー

こちらもACアダプタ付きの電動クリーナーです。

安定したパワーが魅力!!

さらに電源は100vから240vまで対応しているため海外でも使えるんです。

日本と違う気候のところに行くとき直前で毛玉たくさんある!!

って気が付いたときでも
旅行先でのんびり毛玉がとれるのはちょっと嬉しいかもしれませんよね。

IZUMI KC-NB34 とるとる

続いてはこちら。
IZUMIさんの毛玉取り器、毛玉とるとる!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IZUMI KC-NB34 -P -G -D イズミ KCNB34 毛玉クリーナ…
価格:1898円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)

この毛玉とるとるが他と一味違うのは
服を着たままでも大丈夫だということ。

急いで服を着てしまって出かける直前に
毛玉に気が付いてしまった時でも
いちいち服を脱がずに取ることができて、
かつ、服も傷めることがないんです。

また電源も充電式であり、コンセント式なので便利ですよね。

100円均一毛玉取り機

最後は、100円均一で売っている毛玉取り。

多くは電池をいれて使うタイプです。
ちょっと気になるなぁって時に安くて
簡単に取れるのは魅力ですよね。

携帯するにもかさばらないですし、
仮に気に入らなかったとしても
100円ならダメージも少ないですよね。


さいごに

これからどんどん寒くなってきて
暖かい服装が活躍してくる時期がきます。

毛玉とりもそんな冬のオシャレを楽しむための名脇役といえるかもしれません。

そして、毛玉も取ってみると結構快感になってしまう人もいるみたいですよ。

是非、自分にあった毛玉取りをひとつ手元に置いてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする