すっぴん美肌になるには甘酒エキスが効果的!?あまざけ化粧品とは?

昔から健康に良いとされる「甘酒」。

最近では「飲む点滴」とも言われ、とても注目されていますよね♪

飲む点滴「あまざけ」を
なんと化粧品にしたものがありました。

その名も「オーフェル」!

キレイな人はもう始めている、今注目の「発酵美容」なのです!

「乾燥」「くすみ」「ハリ不足」にお悩みの方に特におススメの基礎化粧品です。

そして何といっても
すっぴん美肌になる効果が期待できるのです。

今回はこのオーフェルについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

すっぴん美肌になる甘酒化粧品オーフェルとは?


商品をご紹介する前に、
甘酒が「飲む点滴」と呼ばている理由ってご存知の通りですよね。

甘酒には米麹由来酒粕由来の2種類があり、

TV・雑誌で注目され「飲む点滴」と称されているのは、米麹が由来の甘酒です。

栄養成分が点滴に近しいこと、
そして酵素の働きにより点滴のように栄養素の吸収率が高いことから
「飲む点滴」と言われています。

あまざけエキスの凄さとは?

オーフェルの主成分「あまざけエキス」は
肌内部に水分を留めるのに必要な「セラミド」を補い、
年齢を重ねるごとに減少していく「肌のバリア機能」を支えてくれます♪

「与える」潤いと「自ら生み出す」潤いで輝きに満ちたハリのある肌へ導いてくれるんですね!

ここで、質問です!

最近、肌の調子が変わったと感じはじめていませんか?!

具体的に例を出した方が分かりやすいと思うので、
ご自身でチェックしてみて下さい♪

〼潤いを与えても、すぐに乾燥する

〼目元・口元のシワが気になる

〼頬や小鼻の毛穴が目立つ

〼肌全体がくすんできた

〼実年齢より老けて見られる

事実、30代から肌は変化していきます。

そして、その変化は肌のバリア機能の衰えによるものなんですね!


肌を保護する皮脂膜が減少し、潤いを貯め込む力も弱くなり、
水分も減少・・・

肌のバリア機能が衰えると、いくら水分を与えても蒸発し

その結果「老け見え」に・・・!
(↑私が今一番聞きたくない言葉です 泣)

そうならないための
「玄米」×「発酵」で得られた美容成分が悩み知らずの美肌へ導いてくれるのが、
この「オーフェル」なのです!


オーフェルのおすすめポイント

  • 「与える」潤いと「自ら生み出す」潤い

    オーフェルの主成分「あまざけエキス」は、肌成分に水分を留めるのに必要な
    「セラミド」を補い、
    年齢を重ねるごとに減少していく
    「肌のバリア機能」を支えてくれます♪

    バリア機能が正常な肌は
    潤いのある柔らかな肌は小じわがつきにくく、キメも整っているため
    光を均一に反射し透明感のある明るい肌に♪

    セラミドとは・・・角層で細胞と細胞をセメントのように抱え込む存在であり、
    肌や髪の潤いに欠かせない働きをしてくれます。

    つまり、セラミドが満たされた肌よいうのは、水分を保持しながら強力なバリアを作ることができている状態ということ(^^♪

  • 豊富な美容成分と高い浸透力

    微生物が持つ酵素の働きによって、美容成分を細かく分解、
    角質に浸透しやすくしてくれます。

    分析により、エキスのアミノ酸含有量は、
    発酵していない玄米抽出液と比べ、
    発酵しているオーフェルのあまざけエキスは
    なんと13倍という驚きの結果が!

    発酵という手間により美容効果が更に高まりました◎

  • 使うたび、くすみのない肌へ

    微生物発酵では発酵過程で多くの美容成分が生成され、
    くすみなどの肌印象に影響を与えるトラブルから肌を守り健やかに保ってくれます♪

    オーフェルの主原料は厳選されたオーガニック玄米と
    選び抜いた菌株で発酵させた、化学物質を含まない
    100%天然のオーガニックコスメ♪

    オーガニックコスメは、やみくもに栄養を与えるのではなく
    肌に本当に必要なものをシンプルに潤うことを目的としているので

    その結果「肌の自活力」を高めてくれることに繋がります!!


お手入れを継続するほどに、くすみのない肌に導いてくれる「オーフェル」。

「最近、お肌の調子が良くないな・・・」

とお悩みの方、植物素材のエネルギーの力を体感してみてください♪

毎日の積み重ねで肌の違いをきっと実感できるはずですよ☆


さらに詳細を見る

↓  ↓  ↓  ↓


さいごに

毎日栄養バランスの良い食事が体に良いことと同様に、

お肌にも毎日「健康的な」ケアをしてあげることは大切なことではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする